編集プロダクション フリーペーパー

*

両方揃うと、殺到する出版のオファー

公開日: : 2冊目を出版する方法

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。

もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。

次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。

だからといって、簡単に安請け合いをしてはいけません。

 

まず、考えてほしいことは、ジャンルです。

オファーされる場合、編集者がだいたい企画を立ててきてくれます。

「こんな企画でいきませんか」とか、「二冊目、ウチでこんな企画でお願いします」とか…。

そこで、本当に自分が書くべき企画なのかを考えてみましょう。

 

必ず、あなた自身が主体となって選択してください。

安請け合いをして、その結果、ブランディングが崩壊したり、何の専門家かよくわからなくなってしまったりする人も少なくありませんからね。

 

基本的な判断基準は、あなたのプロフィール、経歴から、「私からこの話を聞きたい」と思えるかどうかです。

そして、その本をあなたが出すことで、あなたの仕事につながるかどうか、という視点です。

これをチェックしてください。

 

出版社が著者の販売力頼みで来ていると感じた場合は、断った方がいいでしょう。

オファーがもらえるポジションに立てたということは、選ばれる側から選ぶ側になったということです。

そのポジションを剥奪されないように、しっかり考えて、二冊目以降の出版に取り組んでください。

 

ad

関連記事

no image

出版した一冊目をたくさん売るために

出版した本を売らないといけないことは書きましたが、では、本をうるために何をすればいいのかを書こうと思

記事を読む

no image

執筆中の致命的な言動

企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番

記事を読む

no image

ブログを使って本を買ってくれるファンを獲得する方法

本を買ってくれるファンを獲得するためには、ブログが一番です。   本を買ってく

記事を読む

no image

出版後の人間力はどこで見られるか

出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょ

記事を読む

no image

継続的に出版をする上で気をつけること

一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃うと、人気著者になれることでしょう。 &n

記事を読む

no image

出版は1冊では意味がない

まず、出版は1冊では意味がない、ということを再確認してください。 最初のうちは、サインを求めら

記事を読む

no image

フェイスブックを使って本を紹介してくれるファンを獲得する方法

本を紹介してくれるファンを獲得するためには、フェイスブックが一番です。   本

記事を読む

no image

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ

記事を読む

no image

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱ

記事を読む

no image

執筆中の人間力はどこで見られるか

著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 執筆中の人間力はどこで見られるか
    • 著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。   編集者が、この人とまた一緒に仕事がしたいな、と思うのはだいたい下の4つです。 理解力が高く、手間いらず 一所懸 […]
    • 出版後の致命的な言動
    • せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない人”もいます。 &n […]
    • 両方揃うと、殺到する出版のオファー
    • 二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合いをしてはいけません […]
    • 出版後の人間力はどこで見られるか
    • 出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょうか?   それは、ひと言で言ってしまうと、「出版したことに対する気持ち」ですね。   たとえば、フェイス […]
    • 執筆中の致命的な言動
    • 企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目にあえると思うな」と […]
PAGE TOP ↑