一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

一冊目の売れ行きと著者の人間力、どっちかが欠けていたら

投稿日:

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。

この2つが揃っていることが理想ですが、なかなか難しかったりします。

 

では、このどっちかが欠けていた場合、どうすれば補うことができるのでしょうか。

 

まず、一冊目の売れ行きがよくなかった場合、同じ出版社で二冊目を出版するのは、かなり難しいです。

そういう時は、出版社が信頼している人に間に入ってもらって、代わりに売り込んでもらいましょう。

狙い目は編集プロダクションです。

著者が直接、出版社に売り込むと、その著者の一冊目の売れ行きはすべて見られてしまいます。

そして、売れているか、売れていないかで判断されてしまいます。

しかし、出版社が信頼している人に間に入ってもらって売り込むと、出版社から「あなたがそこまで言うなら…」となるのです。

 

次に、著者の人間力です。

人間力が欠けているということは、なかなか表面化しません。

誰も言ってくれないので、あなた自身が感じるしかないんです。

担当編集者の態度がちょっとよそよそしいとか、電話をしても乗り気ではないとか…、そう思ったら、これまでの自分の言動を振り返ってください。

そして、「嫌われたかな」と思ったら、同じ出版社は諦めて、違う出版社に売り込みましょう。

よそよそしいということは、もうその人と一緒に仕事をしたいと思っていないはずです。

つまり、いくらそこで企画を売り込んでも、可能性は低いです。

もう、そこは、売れている、売れていない、じゃないんです。

心情的な問題ですからね。

なので、著者側は察してください。

それなのに、「売れたんだから、いいじゃん」と売り込むより、次の出版社に売り込んだ方が確実です。

売れているんだから、つぎの出版社に行っても、企画は通りやすいですからね。

 

ということで、どちらかが欠けているだけなら、巻き返しはできます。

あきらめないで、次の手を考えるようにしてください。

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

執筆中の人間力はどこで見られるか

著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。   編集者が、この人とまた一緒に仕事がしたいな、と思うのはだいたい下の4つです。 理解力が高く …

両方揃うと、殺到する出版のオファー

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合 …

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない …

執筆中の致命的な言動

企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目 …

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ。 一冊目の売れ行き 著者の人間力   では、一冊目の売れ行きというのは、具体的にどれぐらい売れればい …