一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

出版後の致命的な言動

投稿日:

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。

 

やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。

続いて、“本を売るより、自分を売る人”

あとは、“本の存在を大切にしない人”もいます。

 

そういう人の傾向としては、本が売れたら「著者が凄い」、本が売れなかったら「本の存在を無かったことにしようとする」「出版社の営業力がない」「編集者が悪い」と言い出します。

 

でも、せっかく出した本なので、活かして、つぎの本につなげてほしいものです。

編集者は、著者さんのそういう過程を見て、やって良かったなぁ~と、実感できる部分があるのも事実ですからね。

 

だって、本を書いたことのない人たちのを作るというのは、かなり大変なことなんです。

それでも、力を合わせて、いい本を作ろうと努力していくわけです。

 

それにも関わらず、出版後の著者の言動でガッカリすることって、意外と多いと思います。

 

編集者と著者というのは、父親と母親みたいなものなんです。

そのあいだに生まれた本というのは、まさに子どもなんですね。

 

私たちはずっと苦楽を共にしながら、本を作った訳ですから、これまでにつくった本はすべて我が子のように可愛いんです。

売れても、売れなくても、やっぱり可愛い。

だからこそ、我が子を大切にしてほしいんです。

 

出版したから偉いわけではありません。

その本を読んでもらって、どれだけ多くの人に、影響を与えることができたか、というところがやっぱり本の価値ですよね。

まだ売れていないのなら、それだけの人数に影響力を与えられていない、ということです。

だから、本を出したということで満足せず、本を売って、少しでも多くの人に影響を与えてほしいと思います。

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

継続的に出版をする上で気をつけること

一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃うと、人気著者になれることでしょう。   ただし、だからといって、安請け合いをして、次から次へ引き受けるのは避けてください。   その …

フェイスブックを使って本を紹介してくれるファンを獲得する方法

本を紹介してくれるファンを獲得するためには、フェイスブックが一番です。   本を紹介してくれるファンというのは、あなたのコンテンツではなく、あなたを好きになっていただかなくてはなりません。 …

出版した一冊目をたくさん売るために

出版した本を売らないといけないことは書きましたが、では、本をうるために何をすればいいのかを書こうと思います。   それは、企画とファン、そして、環境です。   企画は、本の企画です …

出版は1冊では意味がない

まず、出版は1冊では意味がない、ということを再確認してください。 最初のうちは、サインを求められたり、セミナーのオファーがあったり、仕事の問い合わせが殺到したり…。 でも、その効果が継続するのは、せい …

両方揃うと、殺到する出版のオファー

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合 …