一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

出版後の致命的な言動

投稿日:

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。

 

やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。

続いて、“本を売るより、自分を売る人”

あとは、“本の存在を大切にしない人”もいます。

 

そういう人の傾向としては、本が売れたら「著者が凄い」、本が売れなかったら「本の存在を無かったことにしようとする」「出版社の営業力がない」「編集者が悪い」と言い出します。

 

でも、せっかく出した本なので、活かして、つぎの本につなげてほしいものです。

編集者は、著者さんのそういう過程を見て、やって良かったなぁ~と、実感できる部分があるのも事実ですからね。

 

だって、本を書いたことのない人たちのを作るというのは、かなり大変なことなんです。

それでも、力を合わせて、いい本を作ろうと努力していくわけです。

 

それにも関わらず、出版後の著者の言動でガッカリすることって、意外と多いと思います。

 

編集者と著者というのは、父親と母親みたいなものなんです。

そのあいだに生まれた本というのは、まさに子どもなんですね。

 

私たちはずっと苦楽を共にしながら、本を作った訳ですから、これまでにつくった本はすべて我が子のように可愛いんです。

売れても、売れなくても、やっぱり可愛い。

だからこそ、我が子を大切にしてほしいんです。

 

出版したから偉いわけではありません。

その本を読んでもらって、どれだけ多くの人に、影響を与えることができたか、というところがやっぱり本の価値ですよね。

まだ売れていないのなら、それだけの人数に影響力を与えられていない、ということです。

だから、本を出したということで満足せず、本を売って、少しでも多くの人に影響を与えてほしいと思います。

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

ブログを使って本を買ってくれるファンを獲得する方法

本を買ってくれるファンを獲得するためには、ブログが一番です。   本を買ってくれるファンになってもらうには、本を買うほどの信頼関係を築かなくてはなりません。 ネットを使ってその信頼関係を築こ …

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ。 一冊目の売れ行き 著者の人間力   では、一冊目の売れ行きというのは、具体的にどれぐらい売れればい …

一冊目の売れ行きと著者の人間力、どっちかが欠けていたら

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃っていることが理想ですが、なかなか難しかったりします。   では、このどっちかが欠けていた場合、どうすれば補うことがで …

出版は1冊では意味がない

まず、出版は1冊では意味がない、ということを再確認してください。 最初のうちは、サインを求められたり、セミナーのオファーがあったり、仕事の問い合わせが殺到したり…。 でも、その効果が継続するのは、せい …

出版後の人間力はどこで見られるか

出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょうか?   それは、ひと言で言ってしまうと、「出版したことに対する気持ち」ですね。   …