一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

フェイスブックを使って本を紹介してくれるファンを獲得する方法

投稿日:

本を紹介してくれるファンを獲得するためには、フェイスブックが一番です。

 

本を紹介してくれるファンというのは、あなたのコンテンツではなく、あなたを好きになっていただかなくてはなりません。

そのためには、あなたのことを開示して、そこでフィルタリングをかけて、交流を重ねながら、3つの関係性を強化していくという流れで考えます。

 

そもそもフェイスブックでは、読ませるような投稿、長い文章の投稿などは敬遠されます。

サクッと見せていく感じがいいですね。

そこで、あなたの考え方、仕事への姿勢、ライフスタイルなどをアップしていきましょう。

しっかり顔を出して、人間臭い感じの方が強烈なファンができます。

 

人に見られるようになったら、そこから本当に自分のことを好きだという人を抽出していきます。

まぁ、抽出と書きましたが、実際は、投稿した内容などがフィルタリングとして機能して、合いそうもない人は、勝手に消えていくんです。

無意味に人をいっぱい集めても意味がないですからね。

自分のファンになってくれる人を着実に集めていってください。

そのためにも、投稿の内容はできるだけ見栄を張らず、無理もせず、等身大に近い形で投稿していきましょう。

 

あとは、グループやイベントなどの機能を使って、できるだけ交流していきましょう。

人は、接触頻度が多いほど、求心力が高まりますので、交流することは非常に重要です。

できることなら、できるだけリアルで会うようにしてくださいね。

積極的に異業種交流会やランチ会、セミナーなどにも参加して、フェイスブックの友達を増やしていきましょう。

 

あとは、3つの関係性を強化していきます。

3つの関係性とは、恩を売っておく、恩を売りたいと思われる存在になる、強制力を発動できる関係になるの3つです。

フェイスブックで知り合った人たちと、こういう関係性を強化しておくと、本が出版されたときに、ものすごく応援をしてくれるようになります。

 

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

一冊目の売れ行きと著者の人間力、どっちかが欠けていたら

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃っていることが理想ですが、なかなか難しかったりします。   では、このどっちかが欠けていた場合、どうすれば補うことがで …

執筆中の致命的な言動

企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目 …

両方揃うと、殺到する出版のオファー

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合 …

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない …

出版した一冊目をたくさん売るために

出版した本を売らないといけないことは書きましたが、では、本をうるために何をすればいいのかを書こうと思います。   それは、企画とファン、そして、環境です。   企画は、本の企画です …