一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

ブログを使って本を買ってくれるファンを獲得する方法

投稿日:

本を買ってくれるファンを獲得するためには、ブログが一番です。

 

本を買ってくれるファンになってもらうには、本を買うほどの信頼関係を築かなくてはなりません。

ネットを使ってその信頼関係を築こうと思ったら、困っている人を助けてあげて、信頼関係を築き、ファンになってもらい、本を買ってもらうという流れで考えます。

 

困っている人を探すには、検索エンジンからのアクセスです。

人は悩みを解消するために、その答えを求めて検索します。

だったら、あなたが解消できる悩みを持った人が検索しそうなキーワードで上位表示をしておけばいいんです。

ブログは、トップページではなく、個別の記事ページが検索でヒットしますので、それらのキーワードを記事タイトルに入れて、片っ端からブログにアップしていきましょう。

 

そして、信頼関係を築きます。

信頼関係は、困っている人が検索をして、辿り着いたあなたのブログを読むわけです。

そこに、全く出し惜しみしていない記事が書かれていたらどうでしょう?

間違いなく、そのブログの運営者を信頼するはずです。

重要なのは、「この人、凄い」と思わすことですから、バックエンドに誘導しようとしたりはしないでくださいね。

 

信頼されたら、もっとその人のことを知りたくなるのが人情です。

信頼関係が構築できたらメルマガに登録してくれますので、そのメルマガで、更にあなたを好きにさせてください。

数回、メルマガを出してみて、解除されなかったら、もうあなたのファンと言ってもいいかもしれません。

 

あとは、出版をして、メルマガで告知をして、皆さんに買っていただくだけです。

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ。 一冊目の売れ行き 著者の人間力   では、一冊目の売れ行きというのは、具体的にどれぐらい売れればい …

出版した一冊目をたくさん売るために

出版した本を売らないといけないことは書きましたが、では、本をうるために何をすればいいのかを書こうと思います。   それは、企画とファン、そして、環境です。   企画は、本の企画です …

フェイスブックを使って本を紹介してくれるファンを獲得する方法

本を紹介してくれるファンを獲得するためには、フェイスブックが一番です。   本を紹介してくれるファンというのは、あなたのコンテンツではなく、あなたを好きになっていただかなくてはなりません。 …

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない …

出版は1冊では意味がない

まず、出版は1冊では意味がない、ということを再確認してください。 最初のうちは、サインを求められたり、セミナーのオファーがあったり、仕事の問い合わせが殺到したり…。 でも、その効果が継続するのは、せい …