編集プロダクション フリーペーパー

*

出版した一冊目をたくさん売るために

公開日: : 2冊目を出版する方法

出版した本を売らないといけないことは書きましたが、では、本をうるために何をすればいいのかを書こうと思います。

 

それは、企画とファン、そして、環境です。

 

企画は、本の企画です。

通常、考えがちなのは、“売れそうな企画”なのですが、一冊目に限っては“売りたくなる企画”を考えるようにしてください。

“売りたくなる企画”というのは、自分で売りたくなるということです。

つまり、仕事につながる企画ですね。

売れれば売れるほど仕事につながる本になっていれば、どんどん売りたくなるはずです。

最終的にはその本をすべて自分で買い取って、ばら撒いたとしても、それが仕事になって帰ってくるならどんどんやりますよね。

 

そして、ファンです。

ファンというのは、本を買ってくれる人もファンですし、本を紹介してくれる人もファンです。

本を買ってくれるファンは、あなたのファンというよりあなたのノウハウのファン。

つまり、あなたが何者であるかより、あなたのノウハウにほれ込んでいる感じになります。

そして、本を紹介してくれるファンは、あなたのファンです。

この似て非なるファンを、どれだけ早い段階からつくっておくかが、ポイントになります。

多くの人は、出版が決まってから急いで何とかしようとするのですが、それでは手遅れです。

ファン作りは、本を出版したいと思ったその時から始めるようにしてください。

一朝一夕にどうにかなるわけではありませんし、なかなか企画が決まらなくてもファンが多ければ、それだけで出版が決まることもありますからね。

逆に、慌てて交流会に参加して、「今度出版することになりました」と挨拶をすると、「本を売りに来たんだろ」と思われて終わってしまい、逆ブランディングになってしまうことも…。

 

最後に環境です。

出版というのは、本当に大変です。

出版するためにお金はかかりませんが、執筆中に仕事の売り上げが減ったりして、生活費の足しが必要なこともあります。

販促活動となると、交通費や宿泊費、菓子折り代、特典、広告など、何かとお金が必要です。

他にも、手間もかかるし、メディアも必要になるでしょう。

メディアはメルマガ、ブログ、フェイスブックは最低限やっておいてください。

 

後になって慌てないように、なるべき早めに用意を進めておきましょう!

ad

関連記事

no image

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ

記事を読む

no image

ブログを使って本を買ってくれるファンを獲得する方法

本を買ってくれるファンを獲得するためには、ブログが一番です。   本を買ってく

記事を読む

no image

出版後の人間力はどこで見られるか

出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょ

記事を読む

no image

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱ

記事を読む

no image

フェイスブックを使って本を紹介してくれるファンを獲得する方法

本を紹介してくれるファンを獲得するためには、フェイスブックが一番です。   本

記事を読む

no image

継続的に出版をする上で気をつけること

一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃うと、人気著者になれることでしょう。 &n

記事を読む

no image

一冊目の売れ行きと著者の人間力、どっちかが欠けていたら

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃っていることが理想です

記事を読む

no image

両方揃うと、殺到する出版のオファー

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いな

記事を読む

no image

執筆中の致命的な言動

企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番

記事を読む

no image

執筆中の人間力はどこで見られるか

著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版後の致命的な言動
    • せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない人”もいます。 &n […]
    • 執筆中の人間力はどこで見られるか
    • 著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。   編集者が、この人とまた一緒に仕事がしたいな、と思うのはだいたい下の4つです。 理解力が高く、手間いらず 一所懸 […]
    • 出版後の人間力はどこで見られるか
    • 出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょうか?   それは、ひと言で言ってしまうと、「出版したことに対する気持ち」ですね。   たとえば、フェイス […]
    • 両方揃うと、殺到する出版のオファー
    • 二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合いをしてはいけません […]
    • 執筆中の致命的な言動
    • 企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目にあえると思うな」と […]
PAGE TOP ↑