一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略

1冊出版できたとしても、2冊目を出版するのはなかなか難しかったりします。では、どうすれば二冊目を出版することができるのか、その方法を紹介いたします。

2冊目を出版する方法

出版は1冊では意味がない

投稿日:

まず、出版は1冊では意味がない、ということを再確認してください。

最初のうちは、サインを求められたり、セミナーのオファーがあったり、仕事の問い合わせが殺到したり…。

でも、その効果が継続するのは、せいぜい半年ぐらいです。

その後は、何もなかったかのような静寂に戻ります。

 

ポイントは、その注目されている半年の間の言動です。

そこでの言動が、その先の命運を握っていると言っても過言ではありません。

次のステージに上がれるのか、元のところに戻ってくるのか、それとも出版前よりも下ということも…。

 

言ってみれば、出版なんて「ドーピング」。

 

本を書いても、あなた自身の実力は何も変わりませんし、何かを習得したわけではありませんからね。

ただ、「出版した」という事実が自分のブランドに加わるだけなんです。

そして、半年後に元の状態に戻ります…。

 

それは、例え10万部著者になったとしても同じです。

多少は期間は延びますが、まぁ、三年もてばいいほうでしょう。

実際、一昨年の直木賞や芥川賞が何だったのか、著者はどんな顔をしていたのかを覚えている人は少ないですからね。

 

つまり、1冊ぐらい出版したって意味がない、ということなんです。

 

そして、だからこそ1年に一冊ぐらいは継続的に出版する必要があいます。

そのためにも、定期的に本を出せる著者になってください。

 

ad

ad

-2冊目を出版する方法

執筆者:

関連記事

出版後の人間力はどこで見られるか

出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょうか?   それは、ひと言で言ってしまうと、「出版したことに対する気持ち」ですね。   …

一冊目の売れ行きと著者の人間力、どっちかが欠けていたら

二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 この2つが揃っていることが理想ですが、なかなか難しかったりします。   では、このどっちかが欠けていた場合、どうすれば補うことがで …

執筆中の致命的な言動

企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目 …

2冊目を出版できる著者

では、二冊目を出せる著者とは、どういう著者なのでしょうか。   ポイントは2つ。 一冊目の売れ行き 著者の人間力   では、一冊目の売れ行きというのは、具体的にどれぐらい売れればい …

出版後の致命的な言動

せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない …