編集プロダクション フリーペーパー

*

サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のブログです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ (通り雨に濡れるのも) 。

または、このようなものでもよいでしょう。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

ad


公開日:

ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 出版後の致命的な言動
    • せっかく出版をしても、そのあとの致命的な言動というものがあります。   やっぱり“態度が急変する人”は多いですね。 続いて、“本を売るより、自分を売る人”。 あとは、“本の存在を大切にしない人”もいます。 &n […]
    • 両方揃うと、殺到する出版のオファー
    • 二冊目を出すために必要な、一冊目の売れ行きと著者の人間力。 もし、この両方が揃ったら、間違いなく、オファーが殺到します。 次から次へといろんな出版社が手を挙げてきます。 だからといって、簡単に安請け合いをしてはいけません […]
    • 出版後の人間力はどこで見られるか
    • 出版したあとも、著者の人間力は見られています。 では、編集者が、出版後のどこを見ているのでしょうか?   それは、ひと言で言ってしまうと、「出版したことに対する気持ち」ですね。   たとえば、フェイス […]
    • 執筆中の致命的な言動
    • 企画が通ったとしても、執筆中の致命的な言動というものがあります。   その一番が“締切りを守らない人”。 私たち編集者というのは、出版社に入社して最初に先輩から教えられることが、「親の死に目にあえると思うな」と […]
    • 執筆中の人間力はどこで見られるか
    • 著者の人間力は、どういう時に表れるのか? まずは、企画が通ったあとの、執筆中で考えてみました。   編集者が、この人とまた一緒に仕事がしたいな、と思うのはだいたい下の4つです。 理解力が高く、手間いらず 一所懸 […]
PAGE TOP ↑